はじめまして

    こみふく です



 *   保護者向け研修会・勉強会やイベントについての情報は、随時ラインにて配信しています。 

                                                 

   また、一般の方向けには、FaceBookにて発信してます。  BASEのFaceBookはこちらです。  

 *                                            

 *  ラインの登録については、職員にお尋ね下さい。                                       


2022年4月より  ベース01・02・03 になりました


(株)こみふく

 コミュニティの福祉のために貢献する会社です。コミュニティと共に生き、コミュニティに貢献したいと2015年に設立しました。放課後等デイサービス・児童発達支援の事業所【BASE01】を運営しています。2017年から【BASE02】を開設、その後フリースクールや学習支援によって学びのサポートも加えました。2021年4月からは、子育て支援【はれまえ】、学習塾【アクイラ】やレンタルスペース【ウェルビ】を開始。そして、2022年4月から【BASE03】も始まりました。

 地域のために、子どもたちのために、子育てしているお母さん・お父さんのために、こみふくは様々な形で貢献していきたいと願っています。

 


 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 BASE01・BASE02・BASE03

 ★児童発達支援・放課後等デイサービス保育所等訪問時業 

    所在地

    BASE 01    相模原市中央区鹿沼台2-24-12 藤ビル2F (JR淵野辺駅より歩6分)

        BASE 02    相模原市中央区鹿沼台2−23−6 スペースタウン2F      (JR淵野辺駅より歩3分)

    BASE 03    相模原市中央区鹿沼台2−24-19-1 ウェルビ101 (JR淵野辺駅より歩7分)

 

    電話   BASE 01 042-704-9612  BASE02 042-707-4421  BASE03 070-3341-7433

 

   01は 主に小学生

   02は 主に小さいお子さん

   03は 主に小学校高学年から中高生

 

 と、対象の年齢によって分けていますが、お子さんの性格や必要なプログラムなどによって、どのクラスに入るか、個別プログラムがいいかを考えています。 

 特に小さいお子さんは、発達障害と診断されたかどうかよりも、これからの発達に何が必要なのかを考えます。「うまく集団に馴染めない」など気になることがあればご相談下さい。

 

 

      

  フリースクール  Release Go(リリース号) ※有料

 

 ミュージックセラピー

    ミュージックセラピーの専門家が、02児童発達支援の中で実施しています。

   未就学児の親子が対象です。

 

 Study Cafe OYA (親カフェ) ※有料    1回1,000円

  保護者の方向けの勉強会です。「生きる力を付けるために親が出来ること」「進級・新学期に向けての心構えと準備」「我が子の特性を理解するために」[人との関係の取り方が心配」 など毎月開催しています。 参加者同士の交流もあります。

 

 BASE-S(ベース・スポーツ) ※有料

  毎月第2・4土曜日 13時から17時。 1回1,000円

 感染予防に努めながら、リスクの少ないプログラムで実施します。

   

 

 プログラミング教室 ※有料

 

 


子育て広場・みんなの居場所【Haere mai はれまえ】

  バンビの『ぽれぽれ広場』を引き継ぐ形で、同じスタッフが新しい場所で行う子育て広場です。

 乳幼児はもちろん、小学生・中学生・高校生・大学生・地域の大人の方も利用できます。小さいお子さんのためには【バンビタイム】を設けます。

 2022年10月から相模原市委託事業「子育て広場」になりました。

  (Haere mai はマオリ語で「ようこそ・入って・乾杯」という意味です)

 詳しいことはホームページこちらへ。

 


学習塾 【AQUILAアクイラ】

  本格的塾とBASEがコラボした新しい形の塾です。塾経営25年以上のベテラン先生が、授業・試験対策あるいは受験対策で丁寧に指導します。BASEに通っているお子さんには、BASE職員が塾に一緒に入り支援をします。  01・02にお問い合わせ下さい。

  (AQUILAは、星座のワシ座のことです)

 


レンタルスペース 【ウェルビ】

  BASE01の通りに新築した【ウェルビ】は、

 土・日や夕方からなど空いている時間は「1時間1,000円」で貸し出すことにしました。

 25畳の四角い部屋と、一般家庭のようなリビングと個室のある部屋があります。共有でキッチンがあり、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などもあります。

01・02にお問い合わせ下さい。

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇



 

「BASE01」・「BASE02」「BASE03」の特徴

 

 専門家による、個別あるいは小人数グループでの意図的な体験をとおして成長を促します。

 ♡ 子育てをするおかあさんを応援します

     ♡ 毎回同じスタッフが担当する担当制です。信頼関係を築くことを最初の目的にしています。

 

☆プログラムの特徴

 専門家による「担当制」「個別対応」「小人数グループでの経験」「ペアレント・トレーニング」に力を入れています。子どもの発達だけに注目してトレーニングするのではなく、『子育てをするおかあさんが安定することで子どもが育つ』と考え、親子一緒に育って欲しいと願っています。『子育てを応援する』プログラムや場所にこだわっています。

 

★ BASEという名前に込めた意味は、

 ☆ 学校や社会で生活をしていくための土台(BASE)を親子で学べる場所

 ☆ 安定した人間関係を基軸(BASE)にして、徐々に社会生活へと広げていく場所

 ☆ 子ども同士の楽しい体験ができる秘密基地(BASE

 ☆ 子育て中のお母さんがほっとひと休みしてエネルギーを充電していける場所

 

 

☆設立の経緯

 2005年から松山玲子が勤めていた『おぐちこどもクリニック』(淵野辺)に併設する形で始まった学習支援クラスが、2014年度をもって終了することになりました。そこに来られていたおかあさんたちから要望もあり、新しく株式会社を設立し、学習支援・放課後等デイサービス事業として始めることにしました。これからも、「おぐちこどもクリニック」とその仲間「ふぁみりいさぽーとCasa di Bamvino」「ばんびのぽれぽれ広場」(中央区)、「緑のおうち」(緑区)と連携しつつ進めていきます。

                                  

☆今も未来も事業に責任を持つ組織形態

 社会福祉に関する事業では、社会福祉法人やNPO法人が多いのですが、あえて株式会社にしました。

 経営が不安定でいつまで続くか分からない組織では、安心して大切なお子さんを預けられません。お子さんが大きくなると通えなくなるのも困ったことです。そうしたことが起きないよう、株式会社として銀行からの融資もきちんと受け経営を安定させています。また、創業者が居なくなったら事業も終わり、ではなく、会社として継続していくことは勿論、通所している人たちのニーズに合わせて事業を拡大していくことを最初から想定して準備をしています。

 

 

  連絡先: 電話 BASE01 042−704−9612

          BASE02 042−707−4421

 

  アクセスはこちら